フェレットのカラー(毛色)について

フェレットのカラーバリエーション(毛色)について

フェレットはカラーバリエーションが多く、カラーでも種類をわけることができます。

呼び方もさまざまです。

フェレットの毛はオーバーコートと呼ばれる長い毛と、アンダーコートと呼ばれる短めの毛で構成されています。

毛色は毛の生え変わり時期や大人になると変わってくることもあります。

ここでは代表的なものをご紹介します。

フェレットのカラーと特徴

スポンサーリンク

セーブル

セーブル

セーブルはもっともポピュラーな毛色です。

オーバーコートは濃い茶色から黒色、アンダーコートは白色からクリーム色です。

目の色は、濃い茶色から黒色、鼻の色はこげ茶や茶色が多いです。

手足・肩・シッポ、目の周りは黒く、タヌキに近い顔立ちです。

アメリカから輸入されるものはヨーロッパに比べて全体に体色が薄いです。

ライトセーブル(セーブルポイント)

ライトセーブル

セーブルより全体的に薄いカラーが特徴です。

顔全体が白色のフェレットが多いです。

オーバーコート茶色からこげ茶色、アンダーコートは白色からクリーム色です。

目の周りはこげ茶色から黒色で、鼻の色は茶色からベージュまたはピンク色が多いです。

手足、腹側、尻尾が他の部分より濃い色付きをしています。

ブラックセーブル

ブラックセーブル

オーバーコートが全体的に黒色から黒色に近い濃い茶色です。

セーブルより体の色が濃いのが特徴です。

アンダーコートは白色からクリーム色です。

目の色はこげ茶色か黒色、鼻は主に黒かこげ茶色です。

顔まで黒いフェレットは成体まで色を持続します。

アルビノ

アルビノ

先天性の色素欠乏から起きるめずらしい色ですが、フェレットでは一般的なカラーになります。

オーバーコート、アンダーコートともに白からクリーム色の単一色。

目の色はピンクから赤色。鼻の色もピンク色です。

スターリングシルバー

スターリングシルバー

オーバーコートは白色と黒色の混合です。

アンダーコートはクリーム色です。

アンダーコートとの混ざり具合でシルバーに見えます。

白い毛と黒い毛の比率によってさまざまな濃淡が展開されます。

模様のバリエーションが多彩です。

年齢や季節での色が変化していくのが特徴です。

目の色は黒色からブドウ色、鼻の色は黒色や茶色やピンク色。

斑が入ることもあります。

シルバーミット

シルバーミット

長い毛の部分の先が黒色(灰色や銀色に見えることもあります)です。

大人になるにつれ薄くなるのが特徴です。

四肢の先に手袋(ミット)状の白色が現れます。

小さいころは体全体が銀色に見えるフェレットもいます。

バタースコッチ

バタースコッチ

オーバーコートは茶色からミルクチョコレート色。

セーブルよりも薄い茶色を指します。

アンダーコートは白色からクリーム色。

目の色はこげ茶からブドウ色で、鼻の色はピンクが多いです。

目の周りや手足、シッポはこげ茶色です。

カラーの濃淡や色々な柄があります。

シナモン

シナモン

オーバーコートバタースコッチよりも薄く、やや赤身のある薄茶色です。(さらに薄くなるとシャンパンと呼びます)

オーバーコートの独特な光沢がありピンクゴールドと呼ばれるフェレットもいます。

アンダーコートは白色からクリーム色。

目の色はブドウ色が多く、鼻の色はピンク色です。

生まれてから子供までは長い毛の先端部分の色がシナモンパウダーに近い色をしていますが、大人になるとそこが黒色になるフェレットも多いです。

シャンパン

シャンパン

オーバーコートは小麦色(黄褐色)、アンダーコートは白からクリーム色です。

目の色は茶やブドウ色で、鼻の色はピンクです。

ファームによって、ピンクゴールドやジンジャーとも呼ばれています。

顔の模様はないことが多く、模様があっても淡いです。

ブレイズ

ブレイズ

顔の頂上から後頭部、肩にかけて白い一本のラインが入るのが特徴です。

腹部がまだら模様や白い色をしていたりと模様がさまざまでバリエーション豊かです。

パンダ

パンダ

カラーパターンがパンダに似ているのが特徴です。

実際のパンダのように肩口から手足にのみ色があり、目元もパンダのようなフェレットが多いです。

腹部がまだらな場合もあり、牛のように見えることもあります。

ブレイズ、セーブルの中間の色ではっきり模様がでます。

現在の輸入量は少ないです。

ホワイトファーブラックアイ

ホワイトファーブラックアイ

オーバーコート、アンダーコートともに白色の単色です。

瞳は黒色からブドウ色、鼻はピンク色のフェレットが多いです。

背中、シッポに黒い毛が少量はいることもあります。

オーバーコートの90%以上が白色の場合がホワイトファーブラックアイです。

数も少ない人気カラーです。

パール(プラチナ)

プラチナ

頭の毛以外は全体的にパールカラーです。

毛の白い場合をプラチナと呼びます。

出荷数が少ないです。

フェレットの種類について

フェレットの種類(特徴や性格)の一覧についてはこちらの記事を参考にしてください。

カラー写真付で解説しています。

参考記事→フェレットの種類一覧(特徴や性格について)

フェレット種類一覧

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ