フェレットが噛む理由とは

フェレットが噛む理由

フェレットの歯

フェレットの噛み癖について悩んでいる方は多いです。

フェレットの口内には、鋭い歯が上下に生えています。

噛まれるととても痛く、出血などケガをする可能性もあります。

フェレットには生まれつき「噛む」という行為が備わっています。

しかし、フェレットもむやみに噛んでいるのではなく、噛みつく理由があります。

まずは、なぜ噛むのかをしっかり把握することが大切です。

その上で、しっかりと対処していきましょう。

スポンサーリンク

新しい環境や人間に慣れていない

飼い始めた直後は環境が変わり、精神的にも肉体的にも緊張や不安定になりやすく、警戒して噛んでしまうことがあります。

特に小さいお子さんがいるご家庭では、ケージから無理やり出そうと捕まえたり、むやみにちょっかいを出さないないように気をつけましょう。

フェレットは恐怖心が増すと噛む力が強くなることもあり、小さいお子さんもペットを怖がってしまいます。

これでは双方によくありません。

環境に慣れきて、恐怖心がなくなれば噛むこともなくなります。

飼い始めたときは無理に抱っこしたり、大声をだしたりして驚かせたりせず、しばらくは必要最低限の世話だけをしてフェレットが慣れるのを待ちましょう。

参考記事→フェレットがなつかない?なつくまでの時間と方法

遊びに夢中で興奮している

フェレットは遊ぶことが大好きです。

おもちゃで遊んでいたり、飼い主とじゃれているときに、楽しさのあまり興奮してしまい噛んでしまうことがあります。

フェレットが噛む原因としての多くがこれに当てはまります。

特に若いフェレットは、噛む力加減がわからずフェレットは遊んでいるつもりで噛みます。

また、飼い主の手をおもちゃだと思い噛むこともあります。

性格によっては大人になっても遊んでいるときに興奮して強く噛んでしまうことがあります。

噛む回数が多かったり、強く噛む場合は“しつけ”が必要になります。

噛まれたときには遊びを中断し、ペットにわかるように噛んではいけないことを伝えます。

この時、ペットを叩くことはせず根気よく教えていきましょう。

参考記事→フェレットの噛み癖やトイレのしつけ方法

ストレスが溜っている

運動不足によりストレスが溜まることがあります。

この場合は、フェレットと遊ぶ時間を増やしましょう。

お気に入りのおもちゃを準備して、遊ぶことでストレスも解消されますので、噛み癖も徐々におさまっていくでしょう。

参考記事→フェレットがストレス解消できるおもちゃの遊び方とは

お腹がすいている

食餌量が少なかったり、空腹時間が長くなるとストレスから噛むことがあります。

この場合は、エサの量を増やすなど、状況に応じて空腹を満たしていけば不満による噛み癖は解消されるでしょう。

特に成長期にあたる時期は、たっぷりとエサを準備しましょう。

参考記事→フェレットの水や良質なフード(ご飯)の選び方・エサの与え方

病気や怪我をしている

身体の特定の部分を触ると怒ったり、噛み付いたりする場合には、怪我をしていたり、病気にかかっていたりするおそれがあります。

炎症を起こしていないかどうか痛がる部分を確認し、動物病院に相談するといいでしょう。

また、これまで飼い主の言うことをよく聞いていたのに、突然噛むようになった場合は、体の異変が起こって何かを訴えているのかもしれません。

そのような場合にも、自己判断をせずに、動物病院などで相談するといいでしょう。

参考記事→フェレットの気になる症状・病気まとめ

歯が生え変わる時期

フェレットは歯の生え変わる時期は歯が痒くなっていろいろな物を噛む噛むことがあります。

これは生理現象の一つですので、おもちゃなどを与えるといいでしょう。

フェレットの不安がおさまるまで優しく見守ってあげましょう。

まとめ

フェレットが噛む理由がわかったら、その原因を取り除けるように努力しましょう。

“遊んでほしい”、“お腹がすいた”、“痛い”など、飼い主に気づいてほしいという合図かもしれません。

フェレットの気持ちを理解しようとすることも、信頼関係を築く上で大切です。

参考記事→フェレットのしぐさや行動(サイン)から気持ちを理解しよう

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ