フェレットのしぐさや行動(サイン)から気持ちを理解しよう

フェレットのしぐさや行動(サイン)をよく観察しよう

「フェレットと話しができたらいいのに。」

「もっと気持ちがわかればいいいのに。」

大切な家族であるフェレットが何を思っているのか、何を求めているのか知りたいですよね。

実はフェレットの毎日の行動をよく観察していると行動やしぐさがから気持ちが理解できるようになります。

言葉は離せなくても飼い主に愛情表現をしていると思うとますます愛おしくなりますね。

行動やしぐさからフェレットの気持ちを理解しましょう。

スポンサーリンク

こんな行動やしぐさはフェレットのアピールサイン?

フェレットジャンプやダンス

フェレットダンス

背中を丸めて何度も飛び跳ねる行動はイタチダンスとも言われています。

また頭を左右に動かしたり、体をひねってダンスしているような行動をとる場合。

この行動の時は嬉しいときや一緒に遊んでほしいときなど自己主張をしているときです。

フェレットがついてくる

フェレット甘え

飼い主の行くところにべったりくっついてついてくる場合。

フェレットが飼い主に甘えているサインです。

一緒に遊んであげたり、抱っこしてあげるとフェレットはさらに喜ぶでしょう。

フェレットが角に向かってそわそわしている

フェレットのトイレのサインです。

フェレットは角でトイレをする習性があります。

こんな行動をしたときはすぐにトイレに連れて行ってあげましょう。

フェレットが尻尾を激しく動かす・尻尾の毛が逆立つとき

フェレットが興奮しています。

恐怖や不安からこのような行動をとります。

このとき飼い主が手を近づけると噛まれてしまう可能性がありますので気を付けましょう。

多頭飼いの場合、散歩の際ほかのフェレットに対しこのような行動が現れた場合は喧嘩が始まることがありますのでそれぞれのフェレットを離してください。

フェレットが後ずさりするとき

フェレットが不安な様子を表しています。

不安を取り除いてあげましょう。

フェレットが鳴く

「クックック」と声を出しているときはフェレットが嬉しくて興奮しているときです。

フェレットは声を出して鳴くことはほとんどありませんが嬉しいときや寝言の時に喉をならすように「クックック」という声を出します。

逆に「シーッ」「キャー」という声を出しているときは威嚇や警戒、強い恐怖心を表しています。

足元に寄り添う・這い上がる

抱っこしてほしいときです。

抱っこしてあげると喜びます。

まとめ

フェレットの気持ちが理解できるようになると毎日のコミュニケーションも楽しくなります。

行動や読み取りしぐさを読み取り、嬉しいときには一緒に遊んであげたり、恐怖や不安の時にはそれを取り除いてあげる。

そうすれば、フェレットとさらに信頼関係を築いていくことができます。

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ