フェレットに寄生するノミやダニの予防・駆除方法

フェレットに寄生するノミやダニの予防

ノミやダニは草むらや公園、植え込み、室内ではカーペットの中などどこでも潜んでいます。

フェレットだけを室内で飼っているのであればノミの心配はないかもしれません。

しかし、フェレットだけでなく犬や猫も一緒に飼っている場合にノミがつくことがあります。

また、フェレットを外に散歩に連れていく際にノミがつくことがありますので予防が大切です。

スポンサーリンク

ノミとは一体どういうものでしょうか。

フェレットのノミやダニの予防ノミは体長さ5mmほど、犬や猫の体表に寄生し吸血します。

ノミにはイヌノミとネコノミとあり、ネコノミの場合は犬だけでなく人間にもつきます。

そして寄生した動物に卵を産みます。

このとき寄生されている動物が動くと卵は振り落とされますが成虫となって近くにいる動物に寄生します。

ノミの卵は約1~3週間で成虫に育ちます。

ノミやダニによる被害とは

スポンサーリンク

寄生しているノミやダニの数が大量の場合、フェレットは血をたくさん吸われ貧血状態になることがあります。

また、細菌やウィルス等の伝染病を運ぶこともありますのでノミやダニは早めに駆除する必要があります。

またノミに噛まれるとアレルギー(ノミアレルギー)を起こすことがあります。

動物だけでなく人間もノミに噛まれるとアレルギーで噛まれた箇所が赤くなったり痒みを伴います。

フェレットが痒さが原因で引っ掻いたり噛んだりして皮膚炎をおこすことがあります。

ノミヤダニが寄生することでその他にも様々な病気を引き起こす可能性がありますので早めの予防が大切です。

ノミやダニの駆除・退治

ノミは室温が13度以上、ダニは20度以上で活動・繁殖しますので通年対策をする必要があります。

ノミやダニを見つけても潰してはいけません。

メスの成虫の場合お腹に卵を持っていることがありますので、ノミを潰してしまうことによって卵が飛び散ってしまいます。

犬や猫用のノミの駆除薬多く売られていますがフェレットが使うと中毒を引き起こす危険なものもあります。

必ず、動物病院で処方されるノミ・ダニ駆除薬を使用してください

また、フェレットをお風呂に入れるのも予防効果があります。

ただしシャンプーのすぎてはかえって皮膚を痛めてしまうかもしれません。

参考記事→フェレットのシャンプーとお風呂の入り方

フェレットから動いて落ちた室内のノミやノミの卵を駆除するにはこまめに掃除することです。

環境を清潔に保つことでノミやダニを減らしましょう。

フェレットが過ごすハンモックを定期的に洗うこともノミやダニ駆除効果的には効果的です。

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ