フェレットの値段と飼育にかかる費用とは

フェレットの飼育費用

フェレットは愛くるしい仕草や表情で私たちを癒してくれます。

私たち飼い主は家族の一員であるペットが健やかに暮らしていけるように養う義務があります。

ペットは生きものであり、ご飯を食べたり、毎日のお手入れも必要です。

そして病気や怪我をしたときのことも考える必要があります。

フェレットを家族に迎えると決めたら生涯にかかる飼育費用をあらかじめ把握しておきましょう。

スポンサーリンク

フェレットの値段(初期費用)

フェレット
フェレット購入時にかかる費用=フェレットの値段+飼育用品一式です。

■フェレットの値段

販売されているフェレットの値段・価格は2万円~12万円です。

値段はファームと色(カラー)で異なります。

参考記事↓

フェレットの種類(特徴や性格について)

ファームのおおよその値段はこちら

パスバレーフェレット 2万円~4万円前後

パスバレー

 

マーシャルフェレット 4万円~5万円前後

バター

 

マーシャルでホワイトファーブラックアイ 10万円を超えます。

ホワイトファーブラックアイ

 

マウンテンビューフェレット 5万円~7万円前後

 マウンテンビュー

 

●ルビーフェレット 5万円~7万円前後

ルビーフェレット

 

●カナディアンフェレット 2万円前後

カナディアンフェレット

 

●ニュージーランドフェレット 6万円~8万円前後

ニュージーランドフェレット

 

アンゴラフェレットなど希少種の場合には、10万円を超えます。

アンゴラフェレット

日本のペットショップのほとんどは臭腺除去と去勢・避妊手術を行っているのが一般的ですが、あまりにも価格が安い場合は去勢・避妊手術が完了していことが多いです。

避妊・去勢されたフェレットにはファームの証明書が付いていますので、フェレットを購入した際には必ず購入ショップからもらうようにしてください。

また、里親などを利用するとフェレット本体価格は無料です。

参考記事→フェレット里親になる方法と実際にあったトラブルとは

飼育用品一式

フェレットケージ

●フェレットのケージ:5,000円~3万円

●トイレ:700~1,000円

●トイレ砂:600円~1,000円(2週間~1ヶ月分)

●ハンモック:1,000円~3,000円

●給水ボトル:500円~1,000円

●フェレットフード:毎月1,500円~2,000円

●サプリメント類:1000~2000円(1ヶ月~2ヶ月分)

●フード皿:500円~1000円

●おもちゃ:500円~

●首輪・ハーネス・リード:1,500円~

●キャリーバック:6,000円~1万円

●体重計:1,000円~

●おやつ:500円~

参考記事→フェレットを飼う前に準備する用品とは

ケア用品

●ペット用爪切り:500円

●フェレット用シャンプー:1000円

●イヤークリーナー:1000円

●ブラシ:800円

●毛玉除去剤:年に2個3,000円

●フェレットバイト:年2個3,000円

参考記事↓

フェレットを飼う前に準備するもの

各家庭で必要・不必要なものに分かれますのでおおよその概算ですが、一式全て揃えたら2万円~4万円くらいです。

最低で概算すると、初期費用は

フェレット1匹 20,000円+飼育用品 おおよそ40,000円

平均すると合計60,000円~(その他雑費がかかります。)

 フェレットの医療費

スポンサーリンク

フェレットを飼う上で最も費用がかかるのが医療費です。

病気を未然に防ぐ為にも定期的な通院・健康診断が大切です。

特に大きな病気や怪我をした場合、入院や手術などで数十万円以上掛かってしまう事もあります。

【予防接種・ジステンパー】

生後1年以内に2~3回、その後年に一度ワクチンを接種します。

費用:6,000円から10,000円

参考記事→【フェレットの注射】予防接種であるジステンバーワクチンとは

【フィラリア予防】

蚊の多い場所、少ない場所によってかわります。

予防薬は1か月に1回服用させます。

体の大きさによって価格は違います。

費用:1ヶ月あたり500円から1000円

年間:10,000円~20,000円前後(年間)

参考記事→【フェレット】フィラリアについて

【健康診断】

年に一度は健康診断をすることをオススメします。

この健康診断では、体重測定・触診・血液検査・耳ダニを調べます。

費用は5,000円~1万円

【病院代金】

動物病院診察代...1回1,000円~

フェレットは腫瘍やガンなどに比較的かかりやすい動物であり、病気や怪我をした場合は手術代に5万~必要です。

フェレットがかかりやすい病気の1つに副腎腫瘍があります。手術費用は20万前後必要です。

少し高いですがペット保険に加入を検討してみるのも方法です。

参考記事→フェレットはペット保険に入るべき?治療費・医療費が病院によって違う理由

■その他費用

【エアコンの電気代】

室温は15~23℃程度、湿度は30~50%に保つようにしましょう。

地域によっては夏・冬、エアコンが欠かせません。

参考記事→フェレットの適温は?夏の暑さや熱中症対策にはエアコン!

参考記事→フェレットの快適な室温と冬の寒さ(温度)対策とは

フェレットの生涯に掛かる飼育費用

フェレット育て方

フェレットを7年飼育して健康な場合の最低費用はおおよそ合計で20万円以上です。(雑費は含んでいません)

ペット保険に加入した場合の最低費用は22万円以上(雑費は含んでいません)

この他に入院費・手術費などがかかると数十万以上掛かってしまうこともあります。

参考記事→フェレットの値段と飼育にかかる費用とは

フェレットを飼うということはその子の面倒を一生見ていくことです。

ペットに愛情を注ぐことは何より大切です。

ペットを飼うということはお金もかかります。

フェレットのためのお金がどれだけ使えるか、医療費が発生したとき支払えるか、ということも考える必要があります。

衝動買いは危険です。

事前準備をしっかりして新しい家族を迎え入れましょう。

参考記事→【フェレット初めての飼い方】価格・飼育方法について

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ