フェレットを飼う前に準備する用品とは

フェレットを飼うことが決まったら、いろいろな準備が必要になります。

えさやケージ、トイレなど、お迎えした当日から使うものもあります。

そのため、あわてないように事前に揃えておきましょう。

そこで、今回は事前に準備しておきたい必須グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

飼う前に準備するもの(用品)

ケージ

フェレットケージ

部屋で放し飼いにする場合でも留守中の怪我や事故防止のため、ケージは準備しましょう。

ケージはフェレット専用ケージをおすすめします。

フェレット用のため安全性が高く、トイレ、えさ入れなどの取り付けが簡単にできます。

他の動物用の小型ケージでは、床に金網が付いている場合があり、網目から脱走してしまったり、網に引っかかって怪我や骨折する危険性があります。

フェレット専用ケージ以外の小型ケージを使う場合は、事故を防ぐために底網ははずした方がいいでしょう。

サイズは幅60cm×奥行き60cm×高さ50cm以上のケージがおすすめです。

値段は5,000円~30,000円くらいです。(2階建てのケージまど大きさや設備によって値段が違います。)

フェレット専用のケージは大きくて重さもあるので、フェレットを飼う前に事前に購入しておくと良いでしょう。

ペット専用ショップやインターネットでも購入することができます。

ケージを選ぶ際、ハンモック、トイレ等セットで付いているものもありますのでおすすめです。

管理人のおすすめケージはこちらです。

ケージのドアを開けてしまうときは簡易鍵をつけておくと安心です。

専用ケージの中には「トイレ」「ハンモック」「給水ボトル」「フード皿」があればそれ以外は特に必要ありません。

ケージの選び方についてさらに詳しく解説しています。

こちらを参考にして下さい。

参考記事→フェレットのケージでおすすめのもの(大きさや手作り、多頭飼いの場合)

トイレ

フェレット トイレ

フェレットは一日に頻繁に排泄を行い、隅にする習性があるので、隅にトイレを置きましょう。

トイレのしつけ方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。

参考記事→フェレットの噛み癖やトイレのしつけ方法

ケージ内以外にもケージ外にもトイレを準備するといいでしょう。

トイレはフェレットの全身が入り、失敗が少ない「フェレット専用のトイレ」がおすすめです。

お手入れも楽にできるように設計されています。

ケージを購入をする場合、トイレがセットになっている場合もあります。

トイレ砂

トイレに敷くものはトイレの砂を使います。

粒が細かいと誤飲の危険性があるので、ある程度粒の大きいものにしましょう。

猫用のものか、フェレット専用のものを推奨します。

誤食しても害のないものがおススメです。

ハンモック

フェレットハンモック

寝床はハンモックが一般的です。(床置きタイプの寝床もあります)

多くのメーカーからでていますのでケージに合うものを選んでください。

最近ではハンモックを手作りする方も多くいらっしゃいます。

手作りの際は腕や爪がひっかかって怪我をしないように気をつけましょう。

季節によって冬は暖かいも、夏は通気性の良いものに変えましょう。

値段は1,000円~3,000円

給水ボトル

フェレット ボトル

お皿型の容器か、ボトルタイプのものがあります。

フェレット専用の給水ボトルがおススメです。

お皿型のも容器は、水がこぼれてしまうことが多いのでボトルタイプのものがおすすめです。

フェレットは一日に約300ml近く水分を摂取しますのでボトルのサイズは300ml以上のものがおすすめです。

お皿型容器にする場合は、重さと深さのあるひっくりかえしにくいものを使用しましょう。

床置きの場合は水遊びしてしまうことがあります。

値段は500円くらいから販売されています。

フード

フードはフェレット専用フードがおすすめです。

栄養素が必要量バランスよく含まれており、健全に成長するために必要です。

フェレットをペットショップなどで購入した場合は、フードが急に変わると体調を崩したりする場合もありますので今まで食べていたフードをしばらくあげましょう。

赤ちゃんの時期は固形のフードをふやかしてあげて下さい。

参考記事→フェレットの水や良質なフード(ご飯)の選び方・エサの与え方

参考記事→フェレットの赤ちゃん(ベビー)の育て方

フード入れ

フェレット 食事

餌を散らかしてしまうことがあるので、餌ははめ込み式かケージの側面につけるタイプをオススメします。

床置きタイプはひっくり返しを防止するためにある程度の重さがあるものを選びましょう。

側面につけるタイプは簡単に外せないものがおすすめです。

陶器等の重くてひっくり返しにくいタイプのものでもいいです。

これだけあれば安心してフェレットとの暮らしをスタートできます。

次に、すぐに揃えなくてもいいけれどさらにあると便利なグッズをご紹介します。

フェレットの飼育便利グッズ

スポンサーリンク

おもちゃ

フェレット おもちゃ

フェレットは遊ぶことが大好きです。

フェレット専用のおもちゃとしていくつか市販されているものもあります。

おもちゃはたくさんの種類がありますが、飽きてしまうこともあるもで、適度に違うおもちゃに変えてあげるといいでしょう。

フェレットに人気があるおもちゃは、鈴のはいった猫じゃらし(ぬいぐるみのものもあります)、トンネル、ゴム製の噛むおもちゃは歯石取りやストレス解消にもなるので人気です。

その他にも色々なおもちゃがありますが、必ず安全なものを与え、誤飲しないよう必ず飼い主が見ている範囲で遊ばせてあげてください。

目を離すときは、誤って飲み込んでしまう大きさのものは与えないように注意しましょう。

参考記事→フェレットがストレス解消できるおもちゃの遊び方とは

首輪・ハーネス・リード

フェレット ハーネス首輪は鈴付きの専用首輪をつけるとどこにいるのか居場所を確認することができます。

フェレットは首輪だと外してしまうこともあるので、外出時や散歩するときは、ハーネスを使うといいでしょう。

フェレットがずり抜けないように首と胴を固定できるハーネスリードセットもオススメです。

逃げにくく、サイズが調節しやすいものがいいでしょう。

連絡先を記入しておくと迷子防止にもなります。

参考記事→フェレットの洋服やハーネス、リードの選び方

キャリーバッグ

キャリーバッグ

家族としてお迎えする時やお出かけ、旅行、動物病院など移動時に必要です。

硬い素材のプラスチック製のハードタイプと、やわらかい布製のバッグタイプのものがあります。

長時間の移動にはトイレを設置できるタイプやハンモックがつるせるものもあるハードタイプがおすすめです。

長時間移動になる場合にはストレスをためないように広めの物を用意するといいでしょう。

短時間の移動の場合はソフトタイプが軽くて小さいので持ち運びに便利です。

キャリーバッグの中にトイレシーツを敷いておくと排泄したときにも対応しやすいです。

シートを誤って食べないように注意しましょう。

参考記事→【フェレット】失敗しないキャリーの選び方

体重計

健康管理のために定期的に体重を測っておくのに必要になります。

3kgくらいまで測れるものであればどにようなものでもOKです。

おやつ

フェレットをしつけしたときのごほうびです。

フェレット用のおかしはいくつかあります。

お好みのもの選んでください。

与えたら与えたぶんだけ食べてしまうので分量には気を付けてください。

フェレットのお手入れグッズ

●爪切り
●フェレット用シャンプー
●イヤークリーナー(耳垢の汚れを落とすものです)
●ブラシ
●レバーナスカン(ケージの扉に取り付けて、フェレットの脱走防止。)
●温度・湿度計(室温は15~23℃程度、湿度は30~50%に保つようにしましょう)

フェレットは暑さに弱い動物です。

28℃を超える場所や、直射日光の当たる場所には絶対に放置しないで下さい。

人間の感覚では暑さを感じなくても、皮膚呼吸や発汗することができないフェレットにとっては致命的になってしまうこともあります。

フェレットを飼うには温湿度計によるきちんとした室温管理が重要です。

参考記事→フェレットの適温は?夏の暑さや熱中症対策にはエアコン!

飼育にかかる費用も事前に把握しておくことが必要です。

参考→→フェレットの値段と飼育にかかる費用とは

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ