フェレットと他の動物(犬・猫・うさぎ)の相性

フェレットと他の動物の共同生活

フェレットを何匹か飼っている方が結構います。

フェレットは好奇心旺盛な性格なので、フェレット同士で飼うことは、意外と難しいことではありません。

もちろん注意しないといけない点もあります。

フェレットをもう1匹お迎えするのであれば下記を参考にしてください、

参考→フェレットの多頭飼い

他の動物との相性はどうでしょうか。

今回は犬・猫・うさぎとの相性についてお伝えします。

スポンサーリンク

犬とフェレットの相性

フェレットは犬と同じ牙を持つ、肉食動物です。

草食動物と比べて臆病になったり、神経質になることは少ないです。

小型でも他の動物に立ち向かっていきますので犬とも比較的仲良くできることが多いです。

犬は知能が高く、飼い主の言葉をよく聞きます。

気性が穏やかな犬種でしつけがされている場合はフェレットと仲良くできるケースが多いです。

反対に、独占欲の強い犬や、気性の荒い犬、狩猟犬とは危険を伴うこともありますのでお勧めしません。

犬種でいうとヨークシャテリア系の犬です。

の犬種は小動物を追う仕事していたため、小型のフェレットの動きが気になってしまい共同生活は難しいでしょう。

どちらかが生まれたばかり小さなときから、お互い一緒にいると仲良くできることが多いですが、大きくなるにつれ難しくなります。

フェレットと猫の相性

スポンサーリンク

猫もフェレット同様完全な肉食です、

猫とフェレットを一緒に飼っている方は多いです。

好奇心旺盛なフェレットと猫は同じような習性を持っているため仲良くできることが多いです。

ただし、仲良くできるかどうかは猫やフェレットの性格や気質にもよりますので共に生活する前にしっかり検討することが大切です。

フェレットとうさぎの相性

フェレットとうさぎを飼うのは危険です。

うさぎは草食動物です。

また縄張り意識が強い為同じ空間にいると喧嘩になったり、ストレスになる可能性が高いです。

うさぎの歯は長く、噛まれると命にかかわってしまいます。

別々の部屋で鉢合わせしないで飼う場合でも注意が必要です。

うさぎは臭いにも敏感なため、ストレスにいなってしまうと病気になってしまう可能性もあります。

まとめ

フェレットと他の動物の共同生活は可でもあり、不可でもあります。

フェレットと他の動物が一緒に寝たり、仲良く遊んだりすることもあります

また、お互い干渉せずの関係であったり、フェレットやうさぎのように命の危険がある場合などもあります。

フェレットと一緒に生活する動物との相性がいいか悪いかは、それぞれの性格や気質が非常に重要です。

暮らしてみないとわからないのはそのためです。

うまくいかない場合も多いということを頭に入れておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ