フェレットの洋服やハーネス(首輪)、リードの選び方

ハーネスの選び方

フェレットを外に散歩に連れて行く際は迷子になってしまわないよう、ハーネスとリードは必需品です。

今回はハーネス、リードの選び方、さらに洋服の必要性と気を付けることについてお話していきます。

フェレットのハーネスにはたくさんの種類があります。

必ずフェレット専用のものを使いましょう。

ハーネスを選ぶ際最も大切なことは、身体に合ったハーネスを選ぶことです。

フェレットが散歩中に脱走してしまうと危険ですので必ず身体に合ったサイズにしましょう。

購入する際はフェレットをペットショップに連れて行って(ペット同伴可な場合)、きちんとサイズが合うかどうかを確認するといいでしょう。

フェレットを危険から守ってくれる大切なハーネスです。

機能性を考えじっくり選んであげてください。

スポンサーリンク

リードの選び方

  • 胴輪タイプ→首と胴でフェレットの身体を固定するもの。

フェレット リード

  • ベストタイプ→肩口がベストになっているもの。

フェレット リード

  • 首輪タイプ→首の1か所で体を固定するもの。

フェレット 首輪

リードによって機能性も違いますのでフェレットに合ったものを選ぶといいでしょう。

オススメはサイズ調整ができて、フェレットがすり抜ける心配が少ないものです。

ハーネスやリードをつける際の注意点

ハーネスやリードに慣れるまでは嫌がることが多いです。

何度かつけると慣れてきますので、フェレットがストレスにならない程度に練習するといいでしょう。

フェレットは体が柔軟なので緩すぎると抜けてしまいます。

首周りと胴回りに大人の人差し指が1~2本入る程度にするといいそうです。

鈴がついているとフェレットがどこに居るのか居場所がわかります。

また連絡先を記入しておくと迷子防止にもなります。

外出の際には脱走や危険から守るためにもハーネス・リードは必ず装着しましょう。

参考記事→フェレットの散歩の仕方と便利グッズ

また、長いお散歩の際や、動物病院へ行く際はキャリーがあると便利です。

キャリーの選び方はこちらで詳しく解説しています。

参考記事→【フェレット】失敗しないキャリーの選び方

 フェレットの洋服

スポンサーリンク

寒い季節にいなるとペットに洋服を着せて散歩されている方が多くみられます。

近年犬、猫だけでなくフェレットの洋服も取り揃えているお店も多いです。

洋服はファンションが目的で着せる方や、抜け毛や寒さ対策からなど洋服を着せている理由はさまざまです。

盲導犬や介助犬が服を着せているのは公共施設に入る際の一般人の対処のためのマナーとしてきています。

動物に洋服を着せることについて「賛成」の方、「目的にあった使い方ならいい」という方、「反対」という方などさまざまな意見があります。

おしゃれ目的以外にフェレットに洋服を着せている方は、

  • 抜け毛防止
  • 身体の汚れを防止
  • フェレットがアレルギーや傷など身体に薬を塗っている場合、誤って薬を口にしないようにするため
  • ストレスや紫外線から皮膚を守るため
  • 直射日光をさけたり、寒さから身を守るため
  • 感染やダニなど虫の予防

など、フェレットの身体を守るといった理由などからフェレットに洋服を着せている方も多くいらっしゃいます。

洋服を着せる際に気を付けなければいけないこと

フェレット洋服

洋服に慣れていなかったり、洋服を着ると動きがぎこちなくなるなど、洋服が嫌いな場合は無理やり着せるとストレスになってしまいます。

フェレットがストレスにならないためにも負担をかけたり、無理して着せることは禁物です。

また、洋服を咬みちぎってしまうとボタンやリボンなど誤飲の危険性があります。

装飾品の多い洋服は避け、素材や着心地など、フェレットに合ったものを選ぶといいでしょう。

さらにケージ内など衣類がひっかかってしまい事故につながってしまう危険性もあります

洋服を着せる場合は着せやすく、フェレットが動きやすいなど機能的な服を選んだり、飼い主さんが見ていられる範囲で着せるといいでしょう。

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ