フェレット購入前の心構えと飼う条件とは

フェレットを購入する前の心構え

これからフェレットを飼おうと思われている方へ。

フェレットの愛らしい表情やしぐさは、たくさんの癒しを与えてくれることでしょう。

しかし、それと同時に、飼うということは【責任】が伴います。

飼い主の責任はフェレットの面倒を一生みることです。

フェレットは私たち人間と同じように命があります。

毎日のお手入れや掃除、しつけ、遊び等、飼い主の具合が悪くてもお世話は毎日続きます。

最後まで面倒を見ることは簡単なことではありません。

もちろん、お世話の時間もお金もかかります。

フェレットを飼う際には衝動的であったり、軽い気持ちで飼うということだけは絶対に避けなければなりません。

フェレットを購入する前に必要となる条件について、一度チェックしてみましょう。

スポンサーリンク

フェレットを飼う条件

■家族は、全員フェレットを飼うことに賛成していますか?また動物アレルギーの方はいませんか?

一人でもフェレットを飼うことに反対している場合は家族で今一度話し合いをしましょう。

また、動物アレルギーが重度であればフェレットを飼うことは難しくなります。

突然発症することもあるため、アレルギー体質の方や、ご家庭にお子さんがいらっしゃる場合には、ペットを飼う前に、アレルギー検査を受けるといいでしょう。

参考→フェレットアレルギーの症状や予防対策について

■フェレットの預け先を確保できますか?

フェレットは毎日お世話が必要です。

どうしても家を空けなければならないとき、信頼して預けることのできる方はいますか?

もし見つからない場合は、ペットホテル等を利用する方法もあります。

■あなたのライフスタイルに合っていますか?

フェレットは1日20時間ほど寝る動物ですが、遊びを通して毎日体を動かすことも必要です。

また、餌やトイレやケージなどのお世話もあります。

毎日欠かさず時間と手間をかけられるかどうか今一度検討してみましょう。

■フェレットにかかる一生の費用を考えてみましたか?

餌やトイレ用品、定期健診代、そのほかにも病気の際は病院代が高額になることもあります。

フェレットにかかる一生の費用を計算してみることをおすすめします。

参考→フェレットの値段と飼育にかかる費用とは

 

これらをチェックしたうえで、少しでも不安がある場合は飼うことをあきらめる選択も愛情だと思います。

フェレットと一緒の暮らしは多くの癒しや喜びに満ちています。

それと同時に「最後まで責任を持つ」心構えも大切です。

スポンサーリンク

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

今回の記事をお読み頂いた感想や、フェレットのことでお悩み等ございましたら下のフォームよりお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ